甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤) |ドリーム・シアター

ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤) |ドリーム・シアター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤)ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤)
ドリーム・シアター
ロードランナー・ジャパン
発売日 2009-06-24




いつも通り 2009-07-10
かなり佳曲揃いのアルバムだと思います。
ボーカルラインは特に印象の残らないメロディばかりなのに、
いつも通りギターとドラムがわかりやすく聴き所を作ってく
れているので、早送りボタンを押させないパワーがあります。

ギターに関しては、既存のヘビメタのソロプレイを超絶レベ
ルのスピードで連結した、凄いプレイが聴けます。
興奮はなく、「凄いね」って苦笑いしてしまう感じのソロな
ので、訓練にはなるけど勉強になるポイントは少ないかも知
れませんが。前数作よりは、格好良いと思います。

超絶技術は相変わらずですが、革新的な部分は皆無です。
未だにこのバンドを初めて聴いた時のような驚きを求めてし
まうのは、きっと本人達にとっても迷惑な事なんでしょう。
いつも通りのDREAMTHEATERの、良いアルバムだと思います。
ただ私が飽きただけなんだと思います。

久しぶりの良作、不安も残る 2009-07-10
「Octavarium」「Systematic Chaos」は、佳曲は含まれているものの全体としてはマンネリの印象が拭えないアルバムだったように思います。
本作はそれをある程度解消して、全体として優れたアルバムに仕上がっていました。
ジョーダン・ルーデス加入以降の方向性は変わらないながらも、楽曲のクオリティが久しぶりに高いです。冒頭の1、終盤の5、6に良曲が配置されているのが、アルバム全体の印象を良くしています。

特に6は20分弱と長いですが、個人的にはSix Degrees~以降で最も好きな曲になりました。Awakeの「Scarred」系統の、スリリングで情感のある名曲だと思います。

本作では、作詞にも作曲にもラブリエのクレジットがありません。逆にポートノイが歌うパートがかなりあります(例のデス声)。
成長しきったバンドが、残りの可能性をヴォーカルパートの多彩さに求めていて、しかもそれをラブリエに求めていない(もしくは諦めている)という印象を持ちました。

今回は良曲の存在できわどく成功しているものの、バンドの将来としてはやや不安を感じるアルバムだとも言えると思います。

グダグダ言わず・・・ 2009-07-10
名盤です。


ウィザー、タスカニー


無駄遣いしたとおもって聴いてみてください

復活ですね(メロ) 2009-07-08
別にハードロックやメタルが好きなわけじゃないけど、このバンドは全アルバム
を聴いてるんです。何でかってメロディーがいいからですよ。それだけです。
だけど前作は辛かったー 聴くのがしんどかったけど今作は美メロ復活ですねー。
何回も聴けちゃいます。good!!
あとほかのバンドのマネしてるとか不満がってる人いますが、普通の感覚で聴けば
全くそんなことないし 笑 
DTは相変わらずのDTだったとさ。

「これぞ、DT!」です 2009-07-05
 私は、
「オクタヴァリウム」「システマティック・ケイオス」が、
よく分からなくて。。。いまだに消化不良でして。。。。
実は、この新作に対しても、あまり期待していなかったです。
 「なんか、ややこしいことしてんねんやろ~」って。(笑)

 しかしながら、今回は「とても良かった」です。
 「複雑なフレーズ、バンド・アンサンブル」「超絶技巧」「10分超の曲」etcは、
いつものDREAM THEATERなのですが、
今回は、グイグイと引き込まれる曲が多いです。
(実は、買った日に「リピート再生」しっぱなしでした。)

 全体的な印象は、
「Train of Thought」のへヴィネス、パワーetcを持って、
「Octavarium」のように展開していく。。。という感じです。
 時折、初期の頃のようなメロディーが出てくるのもGood!
 1曲1曲が、
「ページをめくるように」or「映画のシーンが進むように」展開していくところは、
「さすが! DREAM THEATERやな~」と、思わずうなずく、納得の出来です。

 「Awake」「Train of Thought」あたりのへヴィネスが好きな人に、オススメです。
(曲の長さは、あまり感じません)

 Disc 2のカバーは、とてもいいです!
「Stargazer」「太陽と戦慄」は、当然素晴らしい。
 意外と良かったのが、tr.2のQUEENメドレー!
 ラブリエのVocalが、「素晴らしく、いい!」です。

 


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。