甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ チャンプル(1)~ハッピーマリッジソングカバー集~ |Hello!Project

チャンプル(1)~ハッピーマリッジソングカバー集~ |Hello!Project

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
チャンプル(1)~ハッピーマリッジソングカバー集~チャンプル(1)~ハッピーマリッジソングカバー集~
Hello!Project
UP-FRONT WORKS
発売日 2009-07-15




挑戦者としてのHello!Projectを象徴する、アルバム作品。 2009-07-16
Hello!Projectは、これまでにも我々を驚かせ、度肝を抜くような斬新なアイディアを披露し、時にはファンが戸惑い、批判の声を上げるような革新的なアイディアまでも堂々と披露するという大胆不敵な姿勢こそが、進化する上での重要な核となっていたように思う。そして本作も正に、挑戦者としてのハロプロを象徴する作品だ。

メンバー総出(エッグメンバーは選抜)のカヴァー集。カヴァー作品という物は、世代や個人の聴いた音楽量や知識などにより感じ方は様々なので、本作に関しても、聴いた人それぞれの考えで楽しんでもらえれば良いと思う。音楽的内容としては、高橋愛、新垣里沙のようなベテラン組から、ハロプロエッグの新人まで参加している為に、曲の出来にはバラつきがある。言い方は悪いが、ベテランと新人の実力差を思い知らされる場面が多々出て来る。それでも「秋桜」は、さすがベテラン高橋!な出来だし、High-Kingもいい仕事をしている。更に参加ユニット名が、プッチモニV、新ミニモニ、続・美勇伝などなど、興味深々の名前が並ぶ。だが蓋を開けてみれば誰もが、どういった基準で選ばれたのか分からない組み合わせや顔ぶれに、疑問や不安を抱くに違いない。だが、一呼吸置いて考えてみよう。

興味深い記事がある。某アイドル誌の2000年7月号に、当時活動していた赤・青・黄色のシャッフルユニットについて、読者が議論しているコーナーが掲載されている。意見の中には、「何を考えているのか分からない」「メンバーを商品扱いしている」などの意見が交わされており、他にも、メンバー増員に関して疑問の声を投げかける内容もある。しかし、時が経過した今になれば、シャッフルユニットの原点があの時代から始まった事は間違いないし、メンバーの増員・卒業は恒例行事となっている。このカヴァー集のユニットや内容を、失敗作と決めつけ批難する事は簡単だが、ひょっとるすと今回の組み合わせ・顔ぶれの価値は、まだ我々の知る事の出来ない水面下に存在しているのではないか。このアルバムの真価が判明するのは、もしかすると数年後になるのかも知れない。

曲,メンバー,感想 2009-07-16
01,DIAMONDS(ダイアモンド)
/High-King(高橋愛,田中れいな,矢島舞美,清水佐紀,前田憂佳)
02,愛は勝つ/℃-ute,真野恵里菜
03,YES-YES-YES/あぁ!(鈴木愛理,夏焼雅,佐保明梨)04,てんとう虫のサンバ/新ミニモニ。(リンリン,福田花音,竹内朱莉,宮本佳林)
05,君がいるだけで/プッチモニV(中島早貴,萩原舞,真野恵里菜)
06,部屋とYシャツと私/田中れいな
07,守ってあげたい/新垣里沙,亀井絵里
08,秋桜/高橋愛
09,未来予想図II/ZYX-a(新垣里沙,久住小春
梅田えりか,嗣永桃子,徳永千奈美
須藤茉麻
和田彩花,小川紗季)
10,ONLY YOU/続・美勇伝(道重さゆみ,菅谷梨沙子,ジュンジュン)
11,赤いスイートピー/タンポポ♯(亀井絵里,光井愛佳,熊井友理奈,岡井千聖)
12,for you・・・/リンリン
13,関白宣言/Berryz工房,真野恵里菜
14,世界は二人のために/道重さゆみ,久住小春,光井愛佳,ジュンジュン

言われる程悪くはないですけどね。
ただ,カバーは,本物よりも良い!
というクオリティーになければ商品にはならないですから。

選曲や歌唱力的に原曲を越えてるかと言われればそれは疑問。

ただし,ライブで踊りとプラスさせれば,印象はもっと違うと思う。
CDではそれが伝わってこないので,そこが残念ですかね。


YES-YES-YESの壁は厚かった 2009-07-15
オフコースの名曲「YES-YES-YES」がカバーされている点が個人的には最も興味深かった。「あぁ!」(鈴木愛理・田中れいな・夏焼雅)が歌っているが、結果は惨敗。Buono!でも活躍している鈴木と夏焼が歌うということで、もうちょっと上手く歌えるかと思っていたのだが...。ハモる部分が無かったのも残念だ。ちなみに、2番の途中に入る車のクラクションの効果音は本作には入っていない。
ドリカム「未来予想図U」も興味深かったが、エンディングがフェードアウトしない方のバージョンでちょっと残念。人数の多さで何とかフォローした感じ。
全曲、いつものハロプロ作品と同様のサウンドなので、普段聴き慣れている人には違和感なく受け入れられるだろう。原曲を知っている人にとっては、恐らく歌唱力に物足りなさや不満を感じるだろう。ただ、マリッジソングのカバーアルバムという企画自体は大変面白いと思うし、選曲もなかなか良い。

原曲の歌手と発売年は下記の通り:
1.プリンセス・プリンセス(1989年)
2.KAN(1990年)
3.オフコース(1982年)
4.チェリッシュ(1973年)
5.米米クラブ(1992年)
6.平松愛理(1992年)
7.松任谷由実(1981年)
8.山口百恵(1977年)
9.ドリカム(1989年)
10.ボウイ(1987年)
11.松田聖子(1982年)
12.高橋真梨子(1982年)
13.さだまさし(1979年)
14.佐良直美(1967年)



さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。