甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付) |辻井伸行×佐渡裕

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付) |辻井伸行×佐渡裕

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)
辻井伸行×佐渡裕
エイベックス・エンタテインメント
発売日 2008-10-22




協奏とは本来こういう演奏なのでしょう。 2009-07-12
互いの音を大切に聞き合っている事が音にも現れているように思います。
ソリストやオケの迫力に重きを置く方には物足りなさを感じるかも知れませんが、
アンサンブルとしては安心して聞いていられます。
ラフマニノフ談の「苦しいまでの望郷の念」に対しても、こういった表現があっても良いと思います。ソリストの自己表現とオケの解釈のせめぎ合いに少し疲れている私には思わぬ休日をいただいた様な感じです。
でも又緊迫感が恋しくなるときが来るのでしょう。
聞き手は勝手なのです。ベストワンも各各。だから色んなバージョンが欲しく成ります。
このアルバムは間違いなく私のコレクションに入ります。


佐渡さんとの初々しい感性にみちている。 2009-07-11
佐渡さんと辻井さんとの心が通い合って、ドイツでの録音は素晴らしい。
記念すべきCDです。

愛情たっぷり 2009-07-11
辻井さんの演奏が若さに溢れて素晴らしいだけでなく、オケとの呼吸がピッタリで、
相乗効果でより芸術性の高いものになっているとおもいます。
佐渡さんの辻井さんの音楽に対する愛情を感じます。
他のピアニストのコンチェルトでも、こんなに息がピッタリな物は今まで聞いた事がありません。

ピュアな心 2009-07-02
非常に綺麗なラフマニノフでした。

本アルバムを鑑賞して辻井さんは心がとてもピュアな方なのだと実感します。
ただ個人的には素直なラフマニノフより、多少クセがある方が好きでした。

また録音状態はあまり良いとはいえません。
辻井さんファンにはお薦めですが、純粋にラフマニノフファンには?どうかとも思います。
まあ、何もかもこれからですね。
これはこれで良いのでしょう。

コンサート録音のような迫力、付属DVD必見! 2009-07-02
このCDは指揮をしている佐渡さんのコメントをTVで見て購入しました。佐渡さんのコメントで記憶にあるのは2点でした。一点目は、辻井さんが録音に入る前、何時間も何時間も10時間近く弾き続けこの演奏に入った彼のエネルギーの凄さ。そして、二点目は、オケのメンバが録音後自然に辻井さんの演奏に全員の拍手で応じたほどの一体感。本当にそんなに凄いのと思って聞きました。確かにそうでした。先ず、辻井さんの話題性など関係なく感じたのは、オケとの一体感、熱気というところです。あたかもライブ演奏会の録音のような迫力があります。これは、結構凄いことのように思いますが、DVDを見て納得できるものがありました。
演奏の細かなところでなく、辻井さんと佐渡さんの信頼感、オケの乗りなどなど、心で感じることができるラフマニノフです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。