甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様) |マイケル・ジャクソン

オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様) |マイケル・ジャクソン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様)オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様)
マイケル・ジャクソン
SMJ
発売日 2009-07-08




これぞマイケルの真髄 2009-07-12
「スリラー」で頂点を極める直前のこのアルバムこそが
私にとっての最高傑作です。

ソウルとポップのいいバランス、楽曲、演奏、アレンジの素晴らしさ、
何から何まで私好みのアルバムです。
このころのマイケルは本当にかっこよかったなぁ、
声も張りがあって最高だったなぁ。

個人的には、ジャケットは上半身をカットして脚だけを見せた
ヴァージョンが好きです。

Sleep in peace.


歴史に残る名盤 2009-07-10
本当に素晴らしいです。
この年代の象徴とも言えるアルバムではないでしょうか。

Rock with youはプロモーションビデオも含めて不滅の名曲でしょう。
歌っているマイケルにほれぼれしてしまいます。
最初の一曲目は彼の"Pow !!!"が初めて聴ける音源では?

Rock with youを聴くと何だかBarでビールを飲みたくなります。
お酒がおいしくなる一枚です。
Barでは彼の曲が未来永劫流れ続けるでしょう。

やはり全ての基点となる作品として 2008-03-16
'80s-'90sを通じて、間違いなくショウビズの世界で一時代を築いたM.ジャクソン。無論、'60sからのジャクソン5/ジャクソンズでの活躍もあったとは言え、エルビスやビートルズと比肩しうるポテンシャルを秘めたスターはM.ジャクソンだけであったと言っても良いかも知れません。
'70sの末(本作のリリースは'79年)、次第にディスコ・ブームの功罪が声高になり始めた頃、それでも楽曲的に優れたものは廃れることなく、本作のように以降のビッグ・サクセスを予感させる秀作を作り上げた功績は、M.ジャクソンその人の才と、その才を開花させるに一役買ったQ.ジョーンズ、その人なのだろうと思います。
#D.ロスという声もあるかと思いますが(^^;
ジャズからクロスオーバーそしてブラック・コンテンポラリーへの礎を築き、新しいブラック・ミュージックの有り方さえ提示して見せたそのジーニアス振りに(個人的には)最大の賛辞を送りたい訳です。
次作でもキーとなる作品のコンポーズを手がけることになるR.テンパートンのライティング力、J.ヘイを始めとするSeawind Horn Section、L.ジョンソン(b)、ワーワーワトソン(g)、G.デューク(key)、M.ボディッガー(synth)といった強力なサポートミュージシャン。
#これだけ集まれば駄作を作る方が無理というもの(^^;
月並みな表現ですが、やはり全ての基点となる作品として永らく聴き継がれるであろう作品です。

スリラーだけじゃない 2006-06-09
クインシープロデュースのアルバム。世の中ではスリラーなどの
アルバムの方が有名ですが、このアルバムは良質のR&Bがたく
さん詰まってます。Rock With Youはディスコ世代にはたまらん
曲だね。

永遠の定番! 2006-06-05
BGMを何にしようか迷ってしまう時、とりあえず選んでしまう一枚です。
もう長いことそういう状態が続いているということはこれが名盤の証なのでしょう。
今の気分にあった音楽を選ぶというのは意外と難しく、音楽が好きなら好きなほど選択が厳しくなってしまい、
選ぶのに疲れてしまうことがあります。そんなとき聴き手の気分を選ばない良盤の存在はありがたいです。
 巷でのマイケル・ジャクソンのイメージは「スリラー」以降のものばかりで気の毒です。
オバケヒットが誕生する時はその前作が良いことが多く、このアルバムも例外ではありません。



さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。