甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ Rock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付) |the pillows

Rock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付) |the pillows

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
Rock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付)Rock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付)
the pillows
エイベックス・エンタテインメント
発売日 2009-06-03




J-Rockの象徴 2009-06-14
the pillowsがいなければ、くるりも、スーパーカーも、Bump Of Chickenも、アジカンもいなかった。日本人が日本語でロックをやり、そしてそれが世界に認められた極めて稀有な才能、それがthe pillowsだ。
ガイ・リッチー監督の傑作ブリット・ムービー、Lock Stock & Two Smoking Barrelsのパロディであるアルバムタイトルは、彼等の立ち位置を良く表している。「さらば青春の光」以来スティングが自ら銀幕に登場し、ブリット・ポップをちりばめた、まるで「トレインスポッティング」のようなLock Stockの映画音楽達こそが、彼等の目指す音楽性なのだろう。ビートルズやキンクスの伝統を継ぎ、ストーンローゼズやラーズを経由して、現代のU2やオアシスに繋がる彼等の音楽性は、本家のイギリスに紹介して、少しも恥ずかしくない立派なブリット・ポップだ。

1989 2009-06-04
名曲です。
心に響きます。

あと、Rock Stock Versionの曲も良かったです。
原曲に少しライヴっぽさを入れた感じです。
再録だったのでもっと激しい方が良かったってちょっと思ってしまいました。

とにかく必聴です!

1989にマジ泣き 2009-06-03
avexに移籍してからオリジナルアルバム2枚。
ベスト盤のリリースにはタイミング的にちと早い…ですが、今年は20周年。そんなケチくさいことは言いません。(Fool on the planetから数えれば8年ぶりですしね)

再録は最近のライブ演奏に近いアレンジで基本は原曲に忠実。
多少シンセなども重ねてありますが、原曲に比べるとスッピンなかんじの印象を受けました。
(個人的にはもうちょっと激しくやってもらってもよかったんですが)
過去の名曲たちを新たな形でCDで聞けるというのはやはり新鮮で良いです。
まあハイブリッド・レインボウも再録して欲しかった!ってのはありますがね。

んで新曲の「1989」
ピロウズの歌詞が良いのは言わずもがなですが、これはヤバい。
この曲のためにこのアルバムを買ったと思っても全然損じゃないです。
今になったからこそ歌える歌、そんな特別な1曲のように思います。

同封のチラシによれば9月にはシングル、10月にはアルバムがリリース予定とのことで今からとても楽しみです。

2009年 さわおさん あなたの歌は確かに今、僕たちに届いてます。




祝20年!でもまだこれから。 2009-06-02
中学生当時、"雨に唄えば"のPVをTVで観て知ったピロウズが、気付けばもう20周年。年月を重ねる毎に衰えることなく、むしろいつまでも加速してる気がします。 これから控える916の20周年記念LIVE、すごく楽しみです! 15周年でリリースされた[TURN BACK]を思い出し、20周年となる今年も、RETAKE BESTを個人的に期待してました。 そんな今年はBESTx2枚同時発売!収録曲も初心者にも持って来いの内容で素晴らしいのですが、新曲や未発表曲、そして5曲の録り直しが収録されているとの事で、上級者にもおすすめな内容となっています。 これをきっかけにまた改めて、今聴いても色褪せる事のない数多い名曲たちにハマっていきたいと思ってます。 ただ個人的に残念なのが、RETAKEに"雨に唄えば"と"巴里の女性マリー"を期待してたので、それが無かったのが残念でした。 何はともあれ、15周年の916でさわおさんが言ってた「まだまだこれからだからな!」とゆう言葉を、20周年を迎える今年も信じて今後の活動もますます期待していきたいと思います。

待望のベスト 2009-05-30
個人的な意見になってはきますが、thepillows大ファンの自分が、かねてから切望していたのが、ONELIFEやストレンジカメレオンといった名曲の再録。オリジナル音源ももちろん良いのですが、いかんせんエコーの具合やレコーディング方法が技術がやはり古い。何よりも、LIVEで聴く今の彼らが演奏する名曲達が音源を遥かに上回っているから。ついに来たか!て感じです。そして新曲1989。一足先にLIVEで聴いてきました。涙がでました。ストレンジカメレオンやFunnyBunnyに並ぶthepillowsの代表曲の一つになりえる曲だと思います。ライトなファン向けに見えて、実はピロウズをずっと聞き込んできたコアなバスターズへの、彼らからのプレゼントだと思いますよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。