甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤) |ドリーム・シアター

ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤) |ドリーム・シアター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤)ブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングズ(限定盤)
ドリーム・シアター
ロードランナー・ジャパン
発売日 2009-06-24




ドリームシアターの型 2009-06-25
 本作におけるドリームシアターに対しての率直な感想は「メトロポリスpart2以降として分類される一連の流れは現在も変わらない」という一言に尽きる。これは悲観的でも否定的でもなくバンドとしての型が確立されたことに起因する。
 音楽的に言えば、曲調の変化である。「Falling Into Infinity」までのドリームシアターは各々の作品、曲毎にも実験的な要素が多く見られていた。あらゆるコード進行、音階が持ち込まれ、そこにジャムセッションでのアイデアと綿密な構成が加わり聴く者を驚かせてきたとも云える。
 そんな彼等が、メトロポリスpart2が出来上がるまでの段階としてリキッド・テンション・エクスペリメント(以下LTE)でのセッションからジョーダン・ルーデスを迎えたのだ。万全の体制と準備でこの名作を完成させ自信がついたのでは、と推測できる。
 その後の彼等の作品で感じることは、LTEで得たものを基幹として常に制作が進められているという点だ。独特な変則音階(スラッシュメタルを進化させたような音楽的な枠組みを逸脱したもの)を用いたダークでへヴィなリフワークからメジャー音階で構成されるプログレ風なナンバーも全てはLTEからヒントを得たものが殆どで、そんな彼等にI&Wへの回帰を望んでは本末転倒である。当時に多用していたコード進行や音階を用いての作曲もしくはジャムを行わない限りは実現しないことだ。そして、彼等は別段それを望んではいない。更に言えば、それは当時ケヴィン・ムーアがシーケンスで作曲したものをアレンジするというスタンスも含まれているのだから。
 現状のドリームシアターはあくまでLTE以降の型を持ち、その発展・進化というスタンスで楽曲制作に臨んでいる。
 よって「メトロポリスPT2」以降の雰囲気はあっても「Falling Into Infinity」以前の雰囲気が顕著に出て来たりはしない。今回の新作も以上の点を踏まえて聴いて頂ければ大いに楽しめるものとなるだろう。
 特に「Six Degrees of Inner Turbulence」収録の「The Glass Prison」から続いていたアルコール組曲がこのアルバム中の「The Shattered Fortless」で完結するという経緯からか奥深いメロディとセッションパートが要所に聴くことができる。
 平たく言えば「Train of Thought」で魅せたへヴィネスを「Six Degrees Of Inner Turbulence」の仄かな雰囲気に中和し、「Octavarium」の深遠さを加えた作品である。
 往年のファンとしては常に今後の急展開を期待しつつも「本作が近年のドリームシアターを代表する作品だ」と推すことが出来る内容となった。

ありがとう 2009-06-24
前作シネマティック含めたここ数作は、一定レベルのクオリティは保つものの平坦で、煌めくメロや高揚感はマンネリズムの中に封じ込められてきたように思う。

よって、1~2回聴いたらもういいやとなってしまうリスナーも多々あったのではないか。リリース間隔が少ないので、また今回も…

いや心配無用、押しと模倣の中にも印象的なフックを入れ、うまくファンの求めるモノと自分達のやりたい事を形にしている。

またモノマネごり押しかと思わされる冒頭曲も、6分を過ぎた頃からグイグイと引き寄せられる。6のThe Count Of Tuscanyもそうだ。
静から動、動の練られたリフ構成。この辺が前作とは違う、リピートして聴きたくなる感覚だろう。

RUSHまんまの5は笑えるが、模倣の昇華と割り切ろう。


大丈夫、今回は中古屋に売ったりはしないから。

素晴らしい作品をありがとう、磨り減るまで聴くよ。




新作だけではやや物足りないので、買うなら限定版を。 2009-06-24
DTの新作は題名の通り、明暗がはっきりとコントラストされたアルバムです。近作の「Ocutavarium」「Systematic Caos」のように大作指向でなく、ヒット性の高い明るい2、3、バラッドの5と、メタル調で暴力や戦争をテーマにした暗い1,4,6などの中編に分かれています。そのためやや統一感がなく、物足りない印象が拭えません。「Shattered Fortess」のフレーズに関しては、ポートノイのアルコール依存症関連曲の1連の流れにあるのでこれはこれでいいのではないでしょうか。
1"The Glass Prison"
* I. "Reflection"
* II. "Restoration"
* III. "Revelation"
(Six Degrees of Inner Turbulence 13:52)

2. "This Dying Soul"
* IV. "Reflections of Reality (Revisited)"
* V. "Release"
(Train of Thought 11:27)
3. "The Root of All Evil"
* VI. "Ready"
* VII. "Remove"
(Octavarium 8:25)
4. "Repentance"
* VIII. "Regret"
* IX. "Restitution"
(Systematic Chaos 10:43)
5. "The Shattered Fortress"
* X. "Restraint"
* XI. "Receive"
* XII. "Responsible""
限定版はカバー集が付属しており、DTファンとしては、物足りなさを埋められてほっとしています。今回のワールドツアーでは、ぜひ複数回の公演を期待しています。

1曲目がかなりブラックメタル風味で笑いました(ブラストもあるよ! 2009-06-23
DTの新作は大作指向。とにかく1曲1曲が長い。
それゆえに、「Octavarium」まではあった、とっつきやすさ(瞬時に引き込まれるような感覚)のようなものはない。
それでも、全体を通して流れる緩やかなメロディは間違いなくいつものDTだ。

全編において、ダーク&メロウ("へヴィ"ではない)な世界感が貫かれる今作は、「TOT」+「Octavarium」÷2といった感じ。
前作にはかなり不満があったので心配していたが、これなら満足。

1つ不満を挙げるなら、テーマ完結とはいえ「The Shattered Fortress」のフレーズの使い回しは今回に限って言えばやりすぎだと思う。

それ以外は不満点なし。初めて聴く人にはオススメできないけど、DTファンなら買い。
一枚を通して聴きたいアルバム。




さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。