甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ ザ・シークレット |ロンダ・バーン

ザ・シークレット |ロンダ・バーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ザ・シークレットザ・シークレット
ロンダ・バーン
角川書店 刊
発売日 2007-10-30




たくさんのレビューを読んで凹んだ人へ。 2009-09-05
沢山のレビューを読んでちょっぴり気分が凹んだ人たちへ。



★「行動しないで実現するわけがない。」

この本では行動しなくても叶うとは言っていません。

自分がワクワクする事、楽しいと感じる事、これをしなさいとあります。これは行動ではないですか?

上のようなことを書いている人たちは「行動」これ自体なにか辛い厳しい事だと感じているのでは。

ワクワクする楽しい事とはけして安楽な事だけではないはず、「楽しむ=行動」なんだと思います。



★「戦争や差別には適応されないではないか。」

私達人間それぞれのスタート(環境・境遇・変化)がすでに違っているのだと考えます。

生きるために必死に力強く生きてる人も、命に危険は無いがもやもやと過ごしている人もいます。

「秘密」自体に問題はないと思います。戦争を終わらせることも可能なのでは。

差別などは世間を覆うマイナスの思考のうねりに触発されて起こるものとも考えられますしね。

巻き込まれちゃったりとかしそうです。



★「即物主義的だ。」

シークレットでは億万長者は同時に慈善家でもあるとあります。

自分が満ち足りている時、幸せな時、不安のない時、何かやりとげた時、奇跡が起きた時、

本当の意味で他に心を砕くことができるのではないでしょうか。

それって薄っぺらいことですか?精神的に成長できないと思いますか?





自分は沢山のレビューを読んで上記のような意見にちょっと凹んだけど

「秘密」の根幹は本当に大切な教えだと感じるのでそれに基づいて考えてみました。



あなたの凹みが口ぐらいまで戻るといいんですが。





自分のお気に入りは「引き寄せ」という言葉です。

引き寄せって言葉はイメージできやすいです。引き寄せー引き寄せー引き寄せーって考えてます。

マーフィー先生は「潜在意識」って言ってるけどなんかモヤモヤしてしまいます。

同時に「秘密」という言葉も神秘的な内容が一言で表されていてスッキリ使えます。

イメージが大事ですからね。



あなたはただ「楽しみ」さえすれば良いのです。これがこの本のメッセージだと思います。













ポジティブシンキング 2009-08-31
考え方には個人差があるけど、こちらを読んでポジティブな考え方がいかに大事か、ひきよせるかがわかります。

理屈で物事を考える人は向いてないかもしれません。

私個人の意見としては、とてもいい話だとおもいます。

人生が変わった 2009-08-22
最初はバカにしていた。

なぜこんな本を買うのか?

単なる自己啓発本だと思っていた・・・ら違っていた。



DVDを買って見たら面白かった。

衝撃を受けた。

たかがDVDだとバカにしてはいけない。

たった90分で人生が変わるのである。

そして、本を買った。

同じ内容だが、

いつでも、どこでもシークレットを実感できるのがいい。

電車の中でも、トイレの中でもシークレットを読んでいる。



もう20回は読んだだろうか?



最近引き寄せが出来るようになった。

欲しいと思える車をよく見るようになった。

電話をしようと思った相手から電話がかかってきた。

仕事がつぎつぎと旨く行き始めた



困難を極めた問題が次々と解決。

思い通りの結果を生むことになった。



お金が次々と入ってきた。

シークレットのおかげである。



誰もが、うらやむ美人女性ともデートしている。

シークレットのおかげである。



人生を変える一冊です。

是非お読み頂きたい。

気持ちだけではおそらく不十分かと 2009-08-17


「○○で成功したい」と強く想い描くことは大切だと思いますが、、、

ただそうしているだけではかなわないのは事実。



描いたビジョンを信じて、それが叶うことを信じて自分ができることをどんどんやってみることのほうがより重要なので、この本を読んで、ただ願えばいいと解釈するのでは不十分だと感じました。



強い信念 + 諦めずに努力/行動する = 実現というアウトプット



まとめると、何かを実現するためにはそれが起こるための「原因」を沢山うみだすために

泥だらけになって必死に動くということなのだなと。私はそう自分のなかで解釈しました。









具体的 2009-08-12
以前、ウォレス・ワトルズさんの「引き寄せの法則」を読み、興味深いなと思っており、自分でも、実践しています。この「シークレット」は、「引き寄せの法則」を読んだロンダ・バーンさんが、書いた本ですが、「引き寄せの法則」を更に具体的、また現代的に説明を詳しくした本であると認識いたしました。

たとえば、小さな事ですが、どこかに行った時、私の場合はハローワークで、最近いつもいっぱいだったのですが、パーキングが空いていて、自分がそこに駐車しているところをイメージしながら、車を走らせていたら、もし、そこでなくとも、となりとか、その近くが空いていたりするんです。不思議ですが、信号でも、いつも赤で、感知式のところとか、通過しているところをイメージしながら、行くと必ず青信号です。すごいと思います。ザ・シークレット


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。