甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (3) (角川コミックス) |比良坂 真琴

東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (3) (角川コミックス) |比良坂 真琴

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (3) (角川コミックス)東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (3) (角川コミックス)
比良坂 真琴
角川書店(角川グループパブリッシング) 刊
発売日 2009-08-26




変わらずの安定感 2009-08-31
3巻目となった東方三月精

キャラや作風が安定しており、安心して読めます。



相変わらず悪戯に精を出す三妖精。

ゲストキャラと協力して悪戯をしたり、

ゲストキャラにしてやられたりと楽しませてくれます。



収録されてるお話のうち、半分くらいが三妖精たちのお引越しに関わるもの。

新しい引越し先がどこで、そこで三妖精を待ち受けしていたのは誰なのか。

そして、この引越しが第3部にてどう活かされるか。

まだまだ東方三月精の世界は続きます。



なお、付属のCDには新曲2曲が収録されています。

漫画も曲も、東方好きなら満足できる内容だと思います。

東方の魅力が詰まった一作 2009-08-29
東方三月精も遂に3巻目。
この巻で一旦話は完結し、現在は副題を変え、第三部としてコンプティークで連載されています。

今回の巻で登場するゲストキャラは、主にうどんげ、永琳、文、萃香、そして紫。
てゐと輝夜もちょびっとだけ出ます。
今回は霊夢に関わるエピソードが多く、最終話では幻想郷の意外な一面が見えたり。
最後の紫の語りが……とても感慨深くて良かったです。
紫ファンの人は必見。

現代では忘却された際限の無い自由と、それを謳歌するキャラクター達。
そんな東方の魅力がたくさん詰まった一作となっています。
儚月抄でコミカライズにはウンザリしたって人。
安心して下さい。
東方が好きな方は、きっとこの作品に満足するはずです。

新しい巻が出る度に魅力が膨らむ東方三月精。
第三部も期待して損はないでしょう。

1つ不満があるとすれば、妖精大戦争の続きがなかった事かな…w


めでたしめでたし 第二部完! 2009-08-27
 三月精のゆるゆるなお話も、遂に第二部完結です。引っ越しのお話がその区切りで、これがなかなかに興味深いエピソードだったりして……。あと、星蓮船2面ボスの悩みが窺える、霊夢を驚かそうとするお話とかも。今回は総じて、「おお、そうだったのか!」と思わせられる、そんな話が多かった気がします。



 酒虫の正体、妖怪の恐怖とは何か、博麗神社の在り方。



 何となくは推察出来ていたもの、でも確かなことを説明するには困難であったもの。そうしたものがヴィジュアル的に示されて、霊夢や妖怪達の口から直接的に語られて、東方辞典なんてものがもしあればその項目がまた増えたというか……。ここまでの三月精3冊の中で、今巻が一番内容が濃かったと個人的に感じましたですね。

 それでも肝心の三月精達は、比良坂先生が心配される程にあくまでちょい役、傍で見ている相変わらずそんな役回り。弾幕戦(?)をしたりとか、それでも前巻までよりはマシな活躍ぶりでしたですが。主人公なのに「十分すぎるほど弱い」「超弱い」と面と向かって言われてしまう、でも何となく自身含め納得してしまうそんな三月精達が、私はでもやはり大好きです!



 既に始まっているという第三部、こちらにも大いに期待しています。

魔法の森から博麗神社の近所へ 2009-08-26
悪戯好きな妖精たちの暢気な日常を描いた三月精も遂に3巻目(旧作を入れれば4巻目)

初期からコンプエース本誌で応援してきただけに感慨深い作品です。



今まで魔法の森にある木に住んでいたサニー達ですが、今巻で博麗神社の付近に謎の大木が現れます。

博麗霊夢(巫女)に悪戯をすべく引っ越し作業を始める三妖精。

そこにスキマ妖怪・八雲紫も現れ……。



その他、射命丸文(天狗)と組んで霊夢を驚かす話や、伊吹萃香(鬼)の酒を巡る話。描き下ろしの漫画もあります。

CD付きなので値段は高めですが、安心して楽しめる漫画でしょう。

基本的に短編~中編で終わるので、どの巻から見ても楽しめるのも魅力ですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。