甘村商会北館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー |GA Graphic編集部

ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー |GA Graphic編集部

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリーヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー
GA Graphic編集部
ソフトバンククリエイティブ 刊
発売日 2009-07-14




シリーズ化希望! 2009-07-16
「航空機から生まれたロボット兵器」という視点で
バルキリーの魅力を再確認できる一冊。

かつてバルキリー同人誌を出した
千葉氏(マクロスシリーズ設定監修協力)や
マクロスプラスのムック編集者が参加しており、
徹底した編集姿勢には満足できる。

たしかにCG写真はあっさり気味だが
テキストの濃さだけでも買う価値はあるだろう。

マクロスFで可変戦闘機に興味をもった人も
歴史の出発点としてお薦めしたい。

なお、マクロスシリーズでは作品解釈と同様に
メカ設定も軍事評論家によって見方が違うようなので
どれが公式かという論争は不毛である。

本書もそこら辺を解ったうえで、
諸説を楽しむ感覚で読んだらいいと思う。
この続きでスーパーバルキリー編や、YF-19やVF-25も期待したい。


設定遊びが好きな方にはおすすめ 2009-07-15
本書は架空の2020年におけるVF-1の退役を機に、開発経緯から功績までを振り返るという設定の元で書かれています。近年ではF-14の退役の頃に似たような書籍がいくつか出ていましたが、そんな感じでしょうか。

鳥の人事件(マクロスゼロ)やフォールドクォーツ(マクロスF)などの新設定を取り入れつつ、2020年という年代を考慮して抑えめにしている部分は絶妙です。

巻末の部隊カラー&マーキング表はかつてのマクロスプラス (THIS IS ANIMATION SPECIAL)やモデルグラフィックス誌の特集を彷彿させ、プラモデルでカラーバリエーションを揃えたい!という制作意欲をかき立てられます。

こういう「公式設定ではないけれど、いかにもありそうな設定をでっち上げる」遊びは大好きなので5点としたいところだけど、CGがいまいちなのでマイナス1点にしています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会北館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。